実際の被害と各キツツキ対策の効果

ある朝とつぜん コココンコン!! 

そんな音が鳴り響き慌てて家の壁を見ると・・・

まただ!また

ツツキに穴を空けられた!

喧噪を離れ別荘でゆったりとした過ごしている朝、キツツキが山荘に穴を空けている音で起こされてしまった・・・

こんな経験はございませんか?

こだわりの大切な別荘や家に、ある日突然、穴が空いてしまう・・・

これはショックですよね・・・

別荘や家を造ると言うことは、家造りへの思いや様々な手間、そういった苦労を経て、大金を投入して初めて可能です。

これに穴が空くのは・・・、嫁入り前の娘に変な虫が付く と言う位に避けたい出来事です!

では、なぜキツツキは壁や軒裏に穴をけるの?

キツツキは 巣穴を作る為 や

エサを穫るために

木に穴を空ける習性があります。

そして穴を空ける木の種類も特徴があります。

キツツキが好む虫の幼虫などは、枯れ木である枯死材に多くいます。


つまり森の生木より、乾燥している家の壁や軒裏は被害に遭いやすいのです。

ですから、壁を全部サイディングで覆った壁 

屋根先から軒裏まで全部鉄(板金)で覆われた家

というのは狙われにくいのです。

逆に壁や屋根先、軒裏が木材

薄いモルタル仕上げ

という場合は被害に遭い易いです。

しかし拘りのログハウスや別荘が全部鉄板張りだったら、せっかくのデザインや憧れも減少してしまいますよね?

いやいや私は木の家が好きだけど別に壁に穴が空けられても、自然の事だから気にしないよ。

イエイエ!それだけは絶対に避けて下さい!!

軒裏や壁は少し穴が空いても大丈夫?

では、その穴の空いたまま放って置くとどうなるでしょう?

換気が良くなる!

で済めば良いのですが、実際はあまり良くはありません。

当然、屋根や壁の中に雨風が入ります。

湿気が入ればカビが出ます。

動物も潜り込みます。

動物が出入りすれば糞尿をします。

また垢や体毛も落とします。

すると自然とダニや虫が発生します。

これで家の寿命が短くならないのでしょうか?

ちょっと大げさになりますが遠からずこうなります↓

もちろん、そこに住まれるあなたの健康にも良い影響が有る筈が有りません!

ではどうしたら良いのでしょうか?

その対策は・・・

穴が空いたら直ぐに塞ぐ!

ということです。

昨今のホームセンターでは鉄板やステンレス板や銅板など種類が豊富に揃っており、手頃な価格で購入できます。

ただ、高い場所での作業になることが多いので十分、滑落に注意して行って下さい!

穴をすぐに塞げば、雨風・カビ・動物・虫・ダニ これらを防ぐことが出来ます。


よ~し穴も塞いだしこれで安心!

そう思ったあなた!

残念ながら事態はそんなに簡単では無いのです。

ここまでは穴を空けられた後の、その場しのぎの対処療法に過ぎないのです。

キツツキが一度、あなたの別荘に穴を空けたということは、

あなたの別荘がキツツキが穴を空けやすい環境にあった

ということなのです。


今までご相談頂いた方の話でも

一度、穴を空けられたら、次から次へと穴を空けられる

という事例が圧倒的に多いです。

そこで大事なのが、

あらかじめ穴を空けられない為予防対策 になります。

ではどんな対策があるでしょうか?

その対策としては・・・

① CDなど光り物を下げておく

② フクロウの置物を設置する

③ テグス(糸)を張る

④ ワイヤーを張る

⑤ キツツキの嫌う臭いの散布

⑥ キツツキ除けネットの設置

などがあります。

では肝心なその効果はどうなのでしょうか?

①CDなどの光り物を吊るしておく

この方法でも最初の1ヶ月程度は効果があります。

しかし↑の写真の様に、付近に穴を空けられ当方へご相談頂きました。

鳥も学習する能力があります。

1ヶ月もするとキツツキも「これは危険では無いのだな」と判断し、再び近寄って来る様になります。

畑の作物を守る為の案山子に鳥がわんさか留まっていた・・・田舎に来るとそんな光景を頻繁に目にします。

つまりこの方法では、1ヶ月程度で対策を練り直す必要が出てきます。

さらに言ってまうと、キツツキの被害に遭われケースで現状を確認させていただくと、よく↑の様な光景に遭遇します。

これで効果があるとはとても言えません。

②フクロウの置物を設置する

これも①の「光り物を設置する」とほぼ同じです。

鳥も賢いのですぐに 自分に危険がない と悟られてしまいます。

ただ、最近は風で多少、首が動く物もあります。

動きはあるけど危険性が無い

そう 鳥が悟るまで 有効かもしれません。

参考までに↓

これはある別荘地での写真です

フクロウの置物の直上の穴をすぐに塞いだものの、下にはキツツキが突いた痕、そして、左には穴が・・・

さらに一例ご紹介させて頂きます↓

フクロウの置物を設置したものの、まったく効果が無く、黄色い板の部分の板を交換されたものです。

もうこれ以上被害を増やしたくない

ということでご相談頂き、ネットでの予防対策をさせて頂きました。

あとはご推察にお任せ致します。

③テグス(糸)を張る

少々見づらい写真で恐縮ですが、ご覧の通り全く効果無しです。

下の写真は別の別荘の例ですがテグスは消え失せ、張った跡の金具だけが虚しく残ります↓

私が実際に屋根に上って被害状況を確認した範囲では

テグスはすぐに切れてしまうので効果的がない

と言えます。

そして実際ご相談頂いた内容でも

テグスを張ったが全く効果が無く当方に相談をするに至った・・・

という残念なケースが多いです。

④ワイヤーを張る

テグスが切れやすいなら、代わりにワイヤーを張れば?

 そう思われるのももっともです

しかし、たいへん残念なのですが、この方法では部分的な効果しかありません。

一般的にワイヤーをどのように張るかといいますと↓

↑この様にテグスの場合と同じく、破風板、または鼻隠しと呼ばれる屋根先の部分取り付けます。

しかし、これでは予防効果があるとしてもオレンジ部分しか予防できません↓

そして、実際に、キツツキが穴を空ける場所そこだけでしょうか?

イエイエ、軒裏の奥はもちろん↓

軒の奥の壁との境付近↓

壁の角↓

破風板↑

 この様にあらゆる所に穴を空けます。

そして、テグスやワイヤーを張るにもタダで出来るのではありません。

 当然、高所での作業ですから足場も必要になります。

足場を掛ければ、すぐに何十万円単位のお金が掛かります。

※脚場を掛けた様子

にもかかわらず効果が無い・・・

お客様の経済的な負担を考えると もっと早くご相談頂けたら・・・と残念な思いで一杯になります

⑤キツツキの嫌いな臭いを散布する

海外では行われている様ですが日本ではあまり行われてません。

というのは、海外では強い(いわゆる猛毒の)薬剤を使用できるのですが、

木の家、木の呼吸という健康面を重要視する我々日本人にとっては、安全面で信じ切れないからです。

試しに木酢酢を散布された方もおられたようですが、効果は、全く無かったようです。

⑥キツツキ除けのネットを設置する

ここまでご説明した中では一番、確実な方法です。

キツツキは何かに穴を空ける際、脚でシッカリと体を固定して穴空けの動作に入ります。

また、鳥も飛び立つ時には、必ず足で何かを蹴りその反動で飛び上がります。

しかし、ネットがあると十分に掴まれず”蹴る”事ができません。

さらに、キツツキは、ネットが絡まるのを嫌います

ですから当たり前の流れで、被害も減ります。

でもネットを掛けると外観が気になるし・・・

そのご意見もごもっともです。

まずは実際に施工した事例をご覧ください↓

軽井沢町 F様 施工前↓

施工後↓

軽井沢町 A様 施工前↓

施工後↓

前橋市 I様 施工前↓

施工後↓

原村丸山の森 H様 施工前↓

施工後↓

長和町美の森 T様 施工前↓

施工後↓

原村中央高原 I様 施工前↓

施工後↓

茅野市北山 Y様 施工前↓

施工後↓

富士見町富士見高原 O様 施工前↓

施工後↓

茅野市北山蓼科ビレッジ T様 施工前↓

施工後↓

原村三井の森 M様 施工前↓

施工後↓

原村横深山 E様 施工前↓

施工後↓

北杜市小淵沢 U様 施工前↓

施工後↓

北杜市小淵沢 T様 施工前↓

施工後↓

如何でしたでしょうか?

キツツキ除けのネットが気になったでしょうか?

これなら壁や屋根先が穴だらけになるよりよっぽどスマートだ!

そうお感じになる方だけ続きをお読み下さい。

ネットも”ただ着けただけ”じゃダメ!!

まったく効果が無い

という意味ではありません。

ここでお伝えしておきたいのは、肝心の 施工方法 についてです。

ネットの取付けは建築会社なら大抵は可能です。ただ・・・

当社の様に専門に行っている会社でない場合は肝心の取付け方が長持ちしない方法なのです!

こちらをご覧下さい↓

ご覧の通りネットを取付たものの、呆気なく破られて再び穴を空けられているのをご確認頂けると思います。

私が独立してキツツキ対策を始めてから

・群馬県の有名工務店 さま

・北海道の設計事務所 さま

・軽井沢のハウスメーカーさま

・佐久の建築設計会社 さま

等から何度かご相談頂きました。


そして写真を見ての通り結果から一般の建設会社は

キツツキ対策はあまり関心にない

ということを実感しました。

ですから、キツツキ除けネットを取付けてもあまり気にせず 保たない方法 で施工してしまうようです。

建設会社に頼らずあなたご自身が何度でも取替可能な低い場所や簡単な箇所なら良いのです。

しかし、実際にはキツツキは高い場所穴を空けるので、業者に依頼するしかない高所で危険なケースが多いです。

ですからネットは一度張ったら少しでも長持ちした方が当然、出費を抑えることができます

当方の今までの実績では、他社で施工した場合に比べ、2倍以上の期間 ネットに傷みが出ておりません

と言うことはつまり・・・、費用対効果が2倍 ということになります。

よくあるご質問について

Q.費用はいくら位ですか?

A.普通に建築会社に依頼すると35万円~60万円位の価格になるかと思います。

 当社でこれまでの実績では30万円~45万円程度。

 同程度かややお安い価格となっております。

Q.日本全国どこでもお願いできますか?

A.八ヶ岳山麓、軽井沢以外もご用命頂ければ日本はもちろん海外でも施工させて頂きます。

ただ、その際に交通費が別途必要になるので、その点はご理解を願います。

Q.見積は無料ですか?

A.お見積りは無料です。

ただ、遠隔地の場合は交通費のご負担をお願い致します。

Q.キツツキの穴が空いた場合、保証して頂けますか?

A.倒木の枝でネットが破れた等、自然条件でネットが破れた結果穴を空けられた場合は保証の対象外ですが、 そうでない場合は無償でキツツキの穴を塞がせて頂きます。

※↑これはお見積りの時に3年間の保証をご希望の旨をお申し出頂いた場合のみ適応となります

Q.今までに効果がなかった事は有りますか?

A.木の壁や軒裏には必ず効果があり、被害がほぼ無くなっております。

 木の屋根先の場合は施工後も希に被害がある場合があります。

Q.ネットは何年くらいもつの?

A.自然等の条件で違いますが他社の施工した場合、早いケースでは3年も経てば破れが見え始める様ですが、当社の方法では6年以上経ってもまだ破れが見受けられません。

設置場所の状況にもよりますが、8~15年はもつと思われます。

Q.ネットの取り換えのアフターサービスはありますか?
当方は塗装工事も請け賜ります。

家は10年に一度は屋根や外壁のペンキ塗替えが必要になります。

そこで一度当方へネット対策工事をご用命頂いた方に限りますが、

塗装工事をご依頼頂いた場合はネット代の実費(取付費等無料)で最新式の新品のネットへの取替えをさせて頂いております。

当方では被害の事例を検討し適期的により効果的な物へとバージョンアップしております。

現時点でも2年前のネットより取付部付近の予防効果が大きく向上しております。

その最新式のネットに 取付費等無料 交換させて頂きます。

当方の塗装工事等の事例を紹介したWebサイトはこちら

Q.保険や補助金などの対象になりますか?

A.火災保険にご加入の場合は、キツツキの空けた穴については保証対象となる事が多い様です。

当方では保険については専門外ですので、一度、既に加入の保険会社さまにご相談頂く事をお勧めします。

Q.板金やサイディングで軒裏や壁など建物全部を覆う方がキツツキに穴を空けられずに済むのでは?

A.はい、その通りです。

ですが、軒裏や外壁を全て板金等で覆うのは、ネットを掛けるのに比べますと比較にならない程費用が必要です。

当方も軒裏にパンチングメタルを取付ける工事をしておりますが、ネットを設置する場合に比べると3~4倍の金額となってしまいます。

また、材料を慎重に選定しないとせっかくの別荘地の雰囲気自体が台無しになる可能性もあります。

それを勘案してご相談下さい。

当方のパンチングメタル取付け事例はこちら

Q.家を建ててくれた会社の下請けとしての工事は可能ですか?

A..申し訳ありません。

お客様のご希望に”より”添う為に直接ご意見・ご希望をお伺いし、それを解決・実現するのが当方の作業方針です。

ですので下請け工事は一切お請けしておりません。

そもそも、施工した建築会社が本当に技術と実績のある信頼できる会社でしたら、キツツキに穴を空けられて”あなたが”当方にご相談するという事態にならない筈です。

その点をご勘案頂ければと思います。

ご相談はE-メールまたはお電話にてお願い致します。

ご相談はこちらまで

E-mail: info@bouffier.biz

お電話: 0266-55-6582

※電話は留守設定になっておりますので、お名前・ご相談内容・連絡先をメッセージに残してください。

 当方は専門の電話の受付係がいる訳ではありません。

・屋根の上で高所作業中、電動工具で大工作業中、何よりもお客様のご依頼で集中して作業中、という事が多いです。

 その時にお電話を頂いても、手が油や埃だらけ、さらにはメモも充分取れず、ご用件を充分にお伺い出来ない場面もあります。

 ですがメッセージを残して頂ければ、落ち着いてしっかりご相談内容を拝聴出来ます。

 また電話の受付係がいない分だけ、工事費を節約でき、工事の内容に手を掛けることができますので、ご理解をお願い致します。

当方は兼業農家でもあり、毎月できる施工の件数に限りがあります。ですので、お早目のご連絡をお勧めします。

会社Webページはこちら↓
http://bfie.biz/

大切な建物がキツツキの被害に遭った・・・

そんな時にはご相談下さい。

基本は長野県と山梨県ですが、日本全国どこでも出張し、あなたの大切な別荘や建物を守るお手伝いをさせて頂きます。

当社で施工されたお客様の声

ご相談はE-メールまたはお電話にてお願い致します。

ご相談はこちらまで

E-mail: info@bouffier.biz

お電話: 0266-55-6582

※電話は留守設定になっておりますので、お名前・ご相談内容・連絡先をメッセージに残してください。

 当方は専門の電話の受付係がいる訳ではありません。

・屋根の上で高所作業中、電動工具で大工作業中、何よりもお客様のご依頼で集中して作業中、という事が多いです。

 その時にお電話を頂いても、手が油や埃だらけ、さらにはメモも充分取れないこともあり、ご用件を充分にお伺い出来ない場面もあります。

 ですがメッセージを残して頂ければ、落ち着いてしっかりご相談内容を拝聴出来ます。

 また電話の受付係がいない分だけ、工事費を節約でき、工事の内容に手を掛けることができますので、ご理解をお願い致します。

当方は兼業農家でもあり、毎月できる施工の件数に限りがあります。ですので、お早目のご連絡をお勧めします。

会社Webページはこちら↓
http://bfie.biz/

キツツキの対策をご相談を受け、別荘地を回っておりますと様々な事例に出会います。

効果は有るかもしれませんが・・・・

別荘にこの見栄えで本当に良いのでしょうか?

他社でネットを張ったものの、まるで効果無く当方へご相談に↓

他社でフクロウの置物を取り付けるも全く効果無く板を交換し、再発防止のために当社に予防対策のご相談に・・↓

他社でテグスを張ったものの、あっけなくダメになり当社にご相談に・・・↓

・・・・・・・・・・
・・・・・・・
そろそろ専門店に相談してみませんか?

ご相談はE-メールまたはお電話にてお願い致します。

ご相談は今すぐこちらまで!

E-mail: info@bouffier.biz

お電話: 0266-55-6582

※電話は留守設定になっておりますので、お名前・ご相談内容・連絡先をメッセージに残してください。

 当方は専門の電話の受付係がいる訳ではありません。

・屋根の上で高所作業中、電動工具で大工作業中、何よりもお客様のご依頼で集中して作業中、という事が多いです。

 その時にお電話を頂いても、手が油や埃だらけ、さらにはメモも充分取れないこともあり、ご用件を充分にお伺い出来ない場面もあります。

 ですがメッセージを残して頂ければ、落ち着いてしっかりご相談内容を拝聴出来ます。

 また電話の受付係がいない分だけ、工事費を節約でき、工事の内容に手を掛けることができますので、ご理解をお願い致します。

当方は兼業農家でもあり、毎月できる施工の件数に限りがあります。ですので、お早目のご連絡をお勧めします。

会社Webページはこちら↓
http://bfie.biz/

最後までお読み頂き本当にありがとうございました。

あなたの人生がより幸せで快適なものになるよう願っております。

会社概要

アトリエブフィエのWebページを見る